インビザライン

透明のマウスピースを
自分で装着して行う矯正

アライナーと呼ばれる透明のマウスピースをオーダーメイドし、定期的にバージョンをアップし歯を動かしていく矯正方法です。
1日20時間以上装着する必要がありますが、食事時は自分でとりはずせます。治療開始前に歯型を採り3Dデータをコンピュータに入力します。治療完了までの歯の移動を段階的にシミュレーションして、マウスピースを製作。2週間ごとに新しいマウスピースに取り替える事で少しずつ歯を動かしていきます。

インビザラインの6つのポイント

その1

透明で目立ちません

薄く透明なので、付けていても気付かれることはほとんどありません。

その2

金属アレルギーでも安心です

ポリウレタン製のマウスピースなので、金属アレルギーの心配がありません。

その3

食事も普段通り楽しめます

食事のときにマウスピースを取り外すことができます。食事の制限がなく、硬い物や粘りのある物を食べることもできます。

その4

快適に治療ができます

装置の刺激による粘膜や舌の痛みや口内炎の心配がありません。装置を付け替える際に少し締め付けられる感じがある程度です。

その5

取り外しができて衛生的です

取り外してブラッシングでき、フロスを使うこともできます。装置は洗うことができます。

その6

段階に合わせた新しい装置

患者さまご自身で交換していただく必要があるので、自己管理が大切になります。